【厳選】買ってよかったビジネス本リスト

石橋を叩いて渡るタイプの心配性の性格は「石橋を叩いて壊す」【用心しすぎNG】

本記事では、石橋を叩いて渡るタイプの心配性の性格は「石橋を叩いて壊す」件についてまとめます。

石橋を叩いて渡るタイプの心配性の性格は「石橋を叩いて壊す」【用心しすぎNG】

 

石橋を叩いている間に忘れちゃう

仕事、ビジネス

反対後としては「転ばぬ先の杖

案ずるより産むがやすし

成果物や行動に着目する場合には、考えている時間というのは

石橋を

考えるのが許されるのは、一部の天才のみ

よく考えて成果の質を高めることができるのは、一部の天才だけです。

多くは、手を動かした物量に比例して、成果物は多くなり、これが評価の対象となります。

深く考えたからといってアウトプットの質が高まるとは限らない。

愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶといいますが、経験せず観察するだけで学ぶのは至難の業です。

と考えれば、行動の価値の重さがわかります。考える前に行動とまでは言いませんが、考えながら行動するくらいでなくては。