【厳選】買ってよかったビジネス本リスト

【勉強法】CCENTに2か月で合格する方法【コツ】

本記事では、CCENTに2か月で合格した勉強法を余すことなくお伝えします。

CCENT取得に求められるもの

CCENTは、

CCENTとは「Cisco Certified Entry Networking Technician」の略で、世界最大のネットワーク機器メーカー「Cisco Systems」(シスコシステムズ)が認定する技術者資格の一つです。

「Entry Networking Technician」という名前にもあるとおり、NE(ネットワークエンジニア)としてはたらくための登竜門ともいわれている資格です。

[voice icon=”https://willlog7.com/wp-content/uploads/2019/02/マスクアイコンピンク.jpg” name=”ウィル” type=”r big”]

ネットワークエンジニアとしてのキャリアは、CCENTから始まるといっても過言ではない

[/say]

シスコが認定する資格は、レベル別に下記の4つあり、そのうちの一番はじめの資格になります。

CCENT → CCNA → CCNP → CCIE

本は2冊だけで十分

下記の2冊をもっておけば十分です。

●CCNAの基礎が学べる本

●CCENT/CCNA問題集(黒本)

CCNAの基礎が学べる本で、基礎固め

パラパラめくりながら、流し読みをするくらいのモチベーションで問題ありません。

黒本で、出題パターンを学ぶ

CCNAとて資格試験なので、ほんとうの実力というよりは試験テクニックが有効です。

とくに、CCNAは過去問からそのまま順番を変えて出題されたり、過去問がそのまま出題されるなんてのもあるので、黒本を使って出題パターンを学んでおくのは効果が高いです。

Ping-tの問題を解きまくる

「CCNAの基礎が学べる本」と「黒本」で助走をつけたら、あとはひたすら「Ping-t」の問題を解きまくるといいでしょう。

Ping-tとは

Ping-tは、CCNAやLPICなど、ネットワーク業界ではたらくなら必須の資格の試験対策ができるサイトです。

ここにある問題をこなすことで、まず間違いなく試験対策としては十分です。

【注意】受験料が高く、失敗できない

ご存知かとは思いますが、CCENTはベンダ資格(シスコ社)なので、国家資格に比べて受験料が高くなります。()

なので、ゼッタイに失敗はできない。

合格すれば、受験料を会社が負担してくれるパターンがほとんどですが、不合格だったときには支給されません。

受験料は31500円(税込)