【厳選】買ってよかったビジネス本リスト

「当面の間、転勤なし=1年」という意味です【言い渡しは突然に】

本記事では、「当面の間、転勤なし=1年」という意味な件についてまとめます。

たしかに、当面の間は転勤なしですが、次の年度になったら分かりません。

「当面の間、転勤なし=1年」という意味です【言い渡しは突然に】

断れる転勤と断れない転勤

あらかじめ部長と仲良くなっておくと、相談を持ちかけられるます。

しかし、

当初2、3年と見込んでいましたが、そんなことはありませんでした。

会社は必要とあれば、社員を転勤させるのは仕方ないことです。

 

片道切符の場合もあるので、ご注意を。

一度転勤してしまうと「転勤経験のある人」になってしまいます。

会社は、過去の経験を重視するので、転勤経験がある人=また転勤しても順応できる可能性の高い人と判断します。

 

転勤の断り方

最終的に、回避できました。

会社から貴重だと考えられていれば、その人のキャリアビジョンを優先するような動きはしてくれるのです。

 

 

仕事ができない人の転勤・部署異動

受け取り手がいない

あらかじめ部長同士で話をつけた上で、内示が出るので、部長が猛反対すれば

さらに、1人減れば基本的にどこかから1人を見つけてこなくてはならない。または、1人対1人のトレードとなりますが、仕事ができない人はどこの部署もいらないと思っているので、

 

転勤や異動ができるのは、新しいことを吸収できる人。応用力がある人です

 

そもそも転勤を断れないのが、正社員総合職

金融や商社だと「エリア総合職」という採用形態も存在しており、エリアを限定してもらえる代わりに、給料は総合職ほど高くないというトレードオフの関係にあります。

 

いずれにしても、転勤はある日突然言い渡されるという経験をしてよかったと思います。

 

転勤が嫌なら、その場所にしか拠点のない中小企業に就職するべし

これなら転勤のしようがないので、総合職でありながら転勤リスクはゼロです。