【厳選】買ってよかったビジネス本リスト

やりたいことリスト「100項目」の書き方・作り方を解説します【2時間で完成】

皆さんは「やりたいことリスト」って作ったことありますか?

やりたいことリストとは、その名の通り、人生で自分が挑戦してみたいこと、実現してみたいことをまとめたリストのことです。(別の名前では「棺桶リスト (=棺桶に入るまでに実現したいことから)」と呼んだりもします。)

やりたいことリストを作成することで、思考は現実化し、結果的に挑戦・実現できるのと「そもそも自分は何がしたいのか?」という根本的な問いに答えることができます。

【やりたいことリストを作成するメリット】

①リストに起こすことで、思考が現実化し、挑戦・実現のきっかけとする

②人生の目標を設定し、「そもそも自分は何がしたいのか?」という根本的な問いに向き合うことができる

その2つの意味において、やりたいことリストを作成する意味があるのですが、どのようにして作成すればよいのでしょうか?

本記事では、やりたいことリスト「100項目」の書き方・作り方を解説します。本記事に記載の観点にそって、実現したいことを書き連ねていけば、2時間もすれば、自分オリジナルのやりたいことリストが完成することでしょう。

やりたいことリスト「100項目」の書き方・作り方

がむしゃらに100個考えようと思っても、

可視化することで「思考は現実化する」

ステップとしては「頭の中でイメージする→きちんと言語化する→文字に起こす」です。

勤労年収800万(コンサル or プロマネ?)
株式会社を設立する
FXで年400万勝てるようになる(8万/週×4×12)
ブログで月間20万円×12=240万稼ぐ(60万PV/月?)
インドネシア語を仕事にする
英語の教育事業
アイドル or グラドル or 女優とサシ飲み
1年に2回旅行する
YouTubeで月20万円稼ぐ(60万再生/月?)
店を出す(飲食店 or ガジェット系の店?)
ブログの企業案件を毎年1件受注する
動画作成案件を毎年1件受注する
家賃20万円の物件に住む
会員制のブログ教室を開く
TOEIC860点突破
金髪にする(金髪にしても誰からも文句を言われない状態になる)
結婚する
父になる
会員アプリを作るプロジェクトを受注する←アプリ化までしてない漫画喫茶の会員証代わりのアプリ
仕事で海外に出張する