【厳選】買ってよかったビジネス本リスト

「クリぼっち」は寂しくない!ひとりクリスマスの楽しい過ごし方

普段、ぼっちを謳歌しているプロひとりぼっちにとっても、クリスマスというのは由々しき事態です。

なにが由々しいのかと言えば、周囲からの同調圧力がもっとも高まる時期だからです。

普段はぬくぬくぼっちができているプロぼっちでも、クリスマスともなると「クリぼっちって寂しくないの?」という同調圧力にさらされるわけです。

なぜそういう同調圧力があるのかといえば、日本では「クリスマス = 恋人と過ごす日」という認識が強く、家で家族で過ごすファミリーDAYというよりは、彼氏・彼女が聖なる夜を過ごすリア充向けの一日であるからです。

クリスマス当日は、仕事を早く切り上げて、オシャレなディナー等を楽しみ、クリスマスプレゼントを交換する。

それが、日本においての “理想のクリスマス” となっています。

そうはいっても、クリぼっちでもいいじゃない!

本記事では、ひとりクリスマスの楽しい過ごし方について考えます。

【まず】クリぼっちには覚悟が必要

日本では、クリスマスは家族で過ごす日というより、恋人と過ごす日という色が強いので、恋人がいない場合、何かしらの形でダメージを負うことになります。

「クリスマス過ごす人いる?」「リア充なれた?」

こういう話題が、クリスマスが近づくにつれ、取り上げられるようになります。

クリぼっちが見たい映画

クリぼっちがクリスマスに見たい映画 No.1 は「ホームアローン」でしょう。

最高に笑える映画です。

 

クリぼっちが聴きたい曲・歌

クリぼっちとはいえ、クリスマスソングは堪能した方がいいので「恋愛要素のないクリスマスソング」を列挙します。(back number の「クリスマスソング」なんかは、ドシンプルな恋愛系クリスマスソングなので、即カットです。)

王道のクリスマスソングといえば、マライアキャリーの「All I Want For Christmas Is You」です。

こちら、ラブソングではあるものの、曲の明るさと全世界でクリスマスソングの代名詞となっていることから、

 

【クリスマス】ケンタッキー食べてみてもいいかもね。並ぶけど

一説によると、クリスマスにケンタッキーを食べるのは、日本くらいのようです。

 

コンビニケーキ

ホールケーキは、ぼっちには大きすぎるので、コンビニケーキか不二家のおひとり様用のケーキを準備しましょう。