【厳選】買ってよかったビジネス本リスト

【体験談】サラリーマンあるある【会社員】

「会社にはムダが多すぎる」と思った、そこのあなた。

僕も、そう思います。会社にはムダしかありません。(古い会社、大企業ではとくに。)

ビジネスの場において、自社内や外部との連絡手段としてメールはもっとも頻発に使われるツールですよね。

ただ、ビジネスメールにはムダが多すぎると思いませんか?

今回は、そんな話をしたいと思います。

 

【体験談】サラリーマンあるある【会社員】

 

会社のムダ

  • 通勤時間
  • 会議の時間
  • 電子でよくないか?という手書きの書類作り
  • 別に好きでもない人たちとのランチ
  • 仕事の捗らない残業
  • 上司より先に帰れないから潰す時間
  • 嫌いな上司と飲み会
  • 結局飲みすぎて終電で帰る

副業禁止

ムダに長い説教

起きてしまったことをネチネチとせめても次なる解決には向かいません。

ホウレンソウ

飲み会

飲み会にいっても、会社の

メール

ビジネスメールのムダは定型表現の多さにある

本題に入るまでの定型表現が長すぎますし、その定型表現のせいで伝えたい情報以外の情報が大半を占めています。

●●株式会社の●●と申します。

以上、よろしくお願い致します。

これだけ長い文章があったとしても、実際に意味のある文章は半分もありません。

ビジネスチャットを導入しているベンチャー企業は多い

最近では、チャットワークやslackなど便利なビジネスチャットが増えてきました。

それに伴い社内の情報共有にビジネスチャットを導入しているベンチャー企業は多いです。

しかし、大企業ではいまだにお堅いビジネスメールを送り続けている始末。

なぜここまでメールに固執しているのか理解できません。