【厳選】買ってよかったビジネス本リスト

【接し方】後輩に好かれる先輩になる方法【やってはいけないコト】

後輩に好かれる先輩になる方法が知りたい!

という方に向けて、書きました。

先輩から好かれる努力をする人はいても、後輩から好かれる努力をする人は少ないです。

●もっと後輩から好かれる先輩になりたい

●自分より若い世代と仲良くなりたい

という人におすすめの内容となっています。

今回は、後輩に好かれる先輩になる方法をお伝えします。

後輩に好かれる先輩になる接し方

接し方【1】自主性を重んじる

後輩の意志を尊重する先輩でありたいものです。

接し方【2】上からモノを言わない

ただでさえ「年齢」による上下関係みたいなモノがあるので、上から目線の発言には一層の注意を払うべきでしょう。

その場では真剣に聞いてくれているていを装いますが、内心がどうであるかは分かりません。

接し方【3】多くを求めない

これは人間関係全般に言えることですが「相手に期待しすぎない」ということは、人と接する上での基本です。

後輩は先輩の心を満足させるためにいるのではないですし、そうする義務もありません。

【やってはいけない】後輩に好かれる先輩になる

おごればいいわけではない

金払いのいい先輩だからといって、後輩から好かれるわけではありません。

あんま楽しくないけど、あの先輩と飲みにいけば、おごってもらえるからな~

そういうことを考えたこと、あるんじゃないでしょうか。

「お金」「信頼」はまったくの別物です。

この辺りは、パパ活に似ているかもしれません。

パパ活も、パパが好きで好きで仕方がないから会っているのではなく、パパからもらえる「お金」が欲しくて会っているだけです。

「若さ」「美貌」と引き換えに「お金」を得る。立派なビジネスです。

先輩・後輩の関係でも、「お金」と引き換えに「フットワーク」「よいしょよいしょ」を得るようなことをしてはいけません。

それは、とてもむなしいことです。

割り勘でも会えるような関係でいたいものです。

【最後に】自分にあった先輩になれ

最後に、先輩としての「自分のスタイル」は確立するべきでしょう。

10人いれば、10人分の先輩像。100人いれば、100人分の先輩像があるので。

● いざとなったら、後輩にハッキリとモノが言える人

● 後輩に強くは言わず、それとなくサポートできる人

この2つのタイプが、もっとも二極化すると思います。

これは「どちらが良い悪い」という問題ではなく「どちらが合っているか」という問題なので、自分に合った方で強みを生かしていく他ありません。

自己分析は、大事なことですよ。