【厳選】買ってよかったビジネス本リスト

【克服】三日坊主にならない & 飽き性を改善する方法【めんどくさ がり】

三日坊主を直したい、、飽き性を改善したい、、

という方に向けて、書きました。

何か新しいことを始めても、すぐに飽きてやめてしまう、、

飽きやすい性格というのは、ときには厄介です。

今回は、三日坊主にならない & 飽き性を改善する方法をお伝えします。

三日坊主にならない & 飽き性を改善する方法

 

新しくはじめたことを

いくつかポイントがあります。

習慣にする

モチベーションで動かないのがポイントです。

やる気がないのが通常モード。

基準を驚くべきほど低く設定する

何かをはじめるとき、だいたい期待値は高いです。

● 〇〇くらいは、できるようになりたい

● △△くらいは、していかないと

そういった期待が高ければ高いほど、重圧も大きくなります。

「とりあえず始めてみたけど、飽きたらやめよう」くらいの心持ちでいる方が、案外やめません。

 

【注意】三日坊主(飽き性)は、わるいことでもない

「三日坊主はよくない」とか「飽き性はよくない」みたいな風潮がありますが、必ずしもわるいとも言えません。

「一度はじめたことは、ずっと継続しなくては!」と考えてしまうことを、コンコルド効果といいます。

コンコルド効果が発動すると、いままでかけてきた労力や投資のことばかり考えてしまって、やめるにやめられない状態になります。

飽き性の人は「やめるフットワーク」も持ち合わせているので、コンコルド効果の影響を受けにくいです。

三日坊主(飽き性)の長所

飽きやすい人のいいところは、切り替えが早いことです。

フットワークが軽く、次から次へと色々なことに挑戦できます。