【厳選】買ってよかったビジネス本リスト

浪人の【メンタル&モチベーション】を維持する方法 & コツ

浪人は、長期戦です。

1年という長い戦いを制したものが、合格という祝杯を手に入れることができます。

期間が長いだけに、マラソンのように失速することなく、走り抜ける必要があります。(マラソンのように、うまくペース配分がうまくできるものでもありませんが)

それには、メンタルとモチベーションの維持が必須です。(メンタルは、やられないこと。モチベーションは、高く保つこと)

本記事では、浪人のメンタル and モチベーションの管理方法についてまとめます。

浪人のメンタルがやられるタイミングは?

・模試の点数が悪かったとき

模試の点数が悪かったとき

思うように成績が伸びないと、メンタルがやられますね。

「せっかく勉強したのに、ぜんぜん伸びてないじゃん。いままでのがんばりは何だったんだ」と

 

志望大学の欄に、併願校も多めに記載する

自分の学力によせていく

受験は、2月の試験の時点で目標に到達していればいいので、いきなり強めの敵に挑まなくても、徐々にステップアップしていけばいいんです。しかも、その方が精神衛生上よろしい。

志望校判定が第一志望、第二志望の大学の学部ちがいで埋め尽くされていませんか?

 

■メンタル&モチベーションを維持する方法

 

勉強疲れ

予備校に通う場合、

午前:予備校の授業(3時限~5時限)

午後~夕方:自習室で自習

夜:家に帰って勉強

といった具合に毎日同じことのくり返しですし、宅浪の場合は1日中勉強と、どちらにしてもルーティンをくり返す毎日なので、その毎日と以下に向き合っていくかがポイント。

 

バイトするのも気分転換になるかも!

勉強に集中するなら、バイトはしない方がいいですが、

 

「やらなくてはいけないから、勉強する」というスタンスだと疲れます。

自分の好奇心の赴くままに勉強すれば、疲れません。むしろ、没頭できます。

波に乗っているとき:得意科目の勉強

調子がわるいとき:苦手科目の勉強

と状況に応じて分けてみる

 

■メンタル&モチベーションを維持する方法

 

 

まとめ