【厳選】買ってよかったビジネス本リスト

【暗闇風呂の楽しみ方】闇風呂の効果を高める3つのポイント

暗闇風呂とは、風呂場の電気を消して入るお風呂のことです。

ふつうは、電気をつけて明るい中でお風呂に入るところを、電気をオールOFFにして入ります。

視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚の5感の内、視覚をさえぎることで、お風呂効果を高める入浴方法です。

イヤホンや耳栓で耳を塞いで勉強するとすごいはかどるのと、少し似ているかもしれないですね。

1つの感覚を立つことで、その他の感覚が研ぎ澄まされます。

例えば聴覚なら、お風呂に浸かっているときの水の音をより鮮明に感じることができます。嗅覚なら、入浴剤の香り。触覚は、水の中に浸かる感覚そのものです。

五感をつねに働かせていると疲れてしまうので、一時的に視覚をリセットするという意味でも、意図的に暗闇を作り出すことは有効です。

そんな訳で、暗闇風呂、非常におすすめです。

そこで本記事では、暗闇風呂を楽しむためのポイントをまとめます。

暗闇風呂を楽しむためのポイント

まず、暗闇風呂に入るタイミングですが、いつもよりもより一層気分を落ち着けたい時です。

暗闇風呂の入り方としては、ただただ浴室の電気をすべて消して入るだけなので、とくに難しいことはありません。

※ 浴槽につかるときに、足を滑らせて転ばないように注意してください。

 

暗闇風呂のお供に、バブのナイトアロマはおすすめです。

バスキャンドル

 

 

視界が遮断されると、思考が深まる

目を開けているのに、視界になにも映らないという感覚は、部屋の電気を消して寝る前か、暗闇風呂でしか味わうことができません。

やってみれば分かりますが、ボーっと考えごとをするのに適した環境です。

 

目を休める

私たちは、起きている間、基本的に目を開けて何かを見続けているので、目を酷使する状態です。また、まばたきをしているものの、目は常に乾燥にさらされている状態にあります。

暑すぎるお湯は、交感神経を刺激して、リラックスというよりは覚醒を促すので、

気持ちの切り替えになる

私たちの気持ちは、場面を変えることによって

家にいながらして、場面を切り替えることができます。

おまけ

また、日によっては、バスキャンドルを用意して “半・暗闇風呂” を作ってみてもいいでしょう。

キャンドルは、100均などでも買えるので、気に入ったものを購入してみてください。(お風呂に浮かべるタイプもあったりして、面白い。)