【厳選】買ってよかったビジネス本リスト

【心理】自尊心が低い人の特徴 & 性格【チェックポイント】

自尊心が低い人の特徴、性格が知りたい!

という方に向けて、書きました。

自尊心の高さは、人それぞれ。

たいしたことないのに自尊心が高い人もいれば、スゴイことをしていても自尊心が低い人もいます。

今回は、自尊心が低い人の特徴 & 性格をまとめます。

【チェックポイント】自尊心が低い人の特徴 & 性格

自尊心とは、読んで字のごとく「自分を尊敬する心」のことです。

言葉を変えるなら「自信」だとか「自己肯定感」とも言い換えることができます。

自尊心は低いよりは高い方がいいですが、無意識のうちに低くなってしまう人も多いです。

自尊心が低い人の特徴 & 性格【1】謙虚すぎて、自己評価が低い

自尊心が低い人は、謙虚すぎるあまり、自分に対する評価が低すぎる傾向にあります。

たしかな実力があるのに、

自尊心が低い人の特徴 & 性格【2】人目を気にしすぎて、自分の好き勝手にふるまえない

自尊心の低い人は、人目を気にしすぎてしまう余り、ほんとうの自分が出せないです。

自尊心が低い人の特徴 & 性格【3】最高意思決定機関が、自分でない

自尊心が低い人は、自分に自信がないので、自分で決めるべきことでも「どこかの誰か」の決定によって左右されてしまいます。

一番わかりやすい話が、ブラック企業に勤めている場合ですが、さっさと転職してしまえばいいのに「会社の人が辞めさせてくれない」と豪語して、そこに自分の意思はありません。

その意思の弱さが、さらなる搾取につながっているとも知らずに。

自尊心が低くなる理由

では、なぜ自尊心が低くなってしまうのかと言えば、理由はいくつかあります。

自尊心が低くなる理由【1】求めるレベルが高すぎる

要するに、完璧主義だということ。

求めるレベルが高すぎるあまり、そのレベルに到達していないことに落胆して「自分はまだまだだ…。」と考えてしまいます。

少しでもレベルアップできたことがあるなら、素直に喜べばいいものですが、その時点ですでに目線はさらに上のハードルに向かっています。

向上心が高いことはいいことなのですが、見上げる先にたどり着くのが著しく困難であるのに、その基準に達していない自分が許せなくて責めてしまうのがむずかしいところです。

自尊心が低くなる理由【2】悲観的な傾向がある

そもそもの物事のとらえ方が、悲観的でネガティブ思考なので、自己を肯定するのも苦手というわけです。

たとえば、楽しいことがあったとして「楽しい」と素直によろこぶ人もいれば「この楽しさはもう終わってしまう」と考える人もいます。