【厳選】買ってよかったビジネス本リスト

【心理】部屋が汚い人の特徴 & 性格【チェックリスト】

部屋が汚い人って、どうして部屋が汚くなってしまうのでしょうか。

一人暮らし・実家暮らしを問わず、その人の部屋はその人の生活を物語ります。

住む部屋のレイアウトがまったく同じだったとしても、住む人の人おなりによって部屋の清潔度はまったく異なります。

部屋をキレイに保てる人もいれば、いつも汚い人もいるのは事実。

今回は、部屋が汚い人にありがちな性格や特徴をまとめます。

部屋が汚い人の特徴 & 性格

部屋が汚い人には、2つのタイプがあります。

「モノを買ってしまうタイプ」「部屋が片づけられないタイプ」

部屋が汚い人の特徴 & 性格【1】モノを買ってしまうタイプ

●なんとなく欲しくなったから、買ってみた
●最近はがんばっているから、自分へのご褒美に
●セールで安くなっていたから、どうせだしと思って

このタイプは、ついつい使わないモノを衝動買いをして、家にどんどんモノが増えていってしまいます。

「おトク」「限定」にも弱く、大特価と銘打ったセールなどを目にすると、衝動的に購入してしまいます。

買ったモノを使うか使わないかではなく、「いいモノを買った」という実感が楽しくて、モノを購入しているとも言えます。

モノが増えれば、余白のスペースが減って部屋が汚くなるのは避けられません。

おまけに、買ったモノは捨てられないタイプ。

●これはいつか使うかもしれない
●今使ってはいないけど、捨ててしまうのはもったいない

そういった「もったいない精神」「いつか使うかも精神」が邪魔をして、いま現に使っていないモノを取捨選択できない。

基本的に買うだけなので、モノは増えていく一方です。

●部屋の中に、ふだん使わないモノが多い
●押し入れの中に、色々なモノが眠っている

●断捨離は、かなり苦手

上記が当てはまる場合には、注意が必要かもしれません。

●買う前に、本当に必要なモノかを考える
●過去に似たような衝動買いがなかったか思い出す

使わないモノを置いているスペース自体もコストになっているということを忘れてはいけません。

部屋が汚い人の特徴 & 性格【2】部屋が片づけられないタイプ

このタイプは、家に帰ると、完全にオフモードになるので、部屋の片づけがまともにできません。

●家は、寝さえできればそれでいい。
●別に、自分だけの空間なのだからどうでもいい。
●そもそも論として、常日頃から人目を気にしない。

こういった “自分にだらしないタイプ” の性格の持ち主です。

片づけができないので、家に知らず知らずの内にゴミが溜まっていきます。

まずゴミ箱がパンパンになり、ゴミがあふれ出すようになります。その内、ゴミが床に散乱するのが当たり前になります。

汚くなったらすぐに捨てればいいのに、めんどうくさがって捨てない。

別にモノをたくさん買うタイプでなくても、片づけをしなければ、家の中はいらないゴミで囲まれることになります。

さらに、このタイプは水回りの清掃も怠る傾向にあるので、浴室の壁やトイレの便器は黒ずみ、キッチンの流しもひどい有様。使った食器を洗わずにそのまま置いておいて、そのまま1週間とか放置したりします。

●マメなタイプではない
●こまめな掃除や整理整頓ができない
●家での生活が破綻している

上記が当てはまる場合には、注意が必要です。

●気付いたときに片づける
●めんどうくさくても、5分だけ使う

汚くなれば汚くなるほど、キレイにするのは難しくなるということを忘れてはいけません。