【厳選】買ってよかったビジネス本リスト

【真理】嫌なコト & イライラは「寝て忘れる」が最強なワケ【体験談】

【提案】
「安眠まくら」と「ホットアイマスク」で睡眠を改善し、ストレス低減!

 

ストレス対策は、2つしかない

①ストレス自体が溜まらない場所に身を置く
>今からすぐには少し難しい

②溜まったストレスをすぐに浄化する
>今からすぐにできる

 

「安眠まくら」と「ホットアイマスク」で睡眠の質を高め、日々のストレスを浄化することができる

★今すぐチェック★

この記事の結論は、タイトルを見てもわかる通り「嫌なコトは寝て忘れる、イライラしたら寝て忘れる」ということです。

とにかくストレスは、寝ることで頭の中から消滅させるのが圧倒的に得です。

嫌なコトを考えはじめると、さらに嫌なコトは膨張する

当たりまえといえば、当たり前の話。

明るいことばかり考えられる人のもとには、いいコトが舞い込んできます。

反対に、嫌なコトばかり考えてしまう人のもとには、さらに悪いことが舞い込みます。

いわゆる「引き寄せの法則」です。

だから、なるべき嫌なコトは考えないに尽きます。

嫌なコトばかり考えている人には、嫌なコトが振ってくるようになる

とくに合理的な理由があるわけではありませんが、嫌なコトばかり

嫌なコトが振ってくるというよりは、嫌なコトに敏感になってしまうと表現した方が適切かもしれません。

いっつもマイナスなことばかり考えている人って、いますよね?

たいして嫌なコトが起きてもいないのに、異常に悲観的になる人。

彼らは、もはやマイナスなことばかり考えることがクセになって、抜け出せなくなってしまっているんです。

よくよく話をきいてみると、たいして嫌なコトばかりではないことがわかります。

【真理】イライラの原因は自分ではないところにある

人が一番イライラするのは「自分の力ではどうすることもできないコト」です。

たとえば、めんどうな人間関係だったり、上司からのパワハラ、ブラック労働などなど。

改善しようとしてもどうすることもできないコトに一番イライラするというのは、想像に難くないでしょう。

【結論】嫌なコトを考える時間を限りなくゼロにするのが最善

 

モデルケース【1】会社で嫌なことがあった場合

会社で嫌なコトがあったときは、会社から出たその瞬間に仕事のことを忘れるが吉です。

よくプライベートでまで仕事のことを考えてしまう人がいますが、これは非常にもったいないです。

 

モデルケース【2】彼氏・彼女に振られた、失恋した場合

 

【反論】慢性的なストレスは、寝て忘れることができない

その場合は「寝て忘れることができるメンタルを作る」か「その環境から撤退する」しかありません。

【提案】
「安眠まくら」と「ホットアイマスク」で睡眠を改善し、ストレス低減!

 

ストレス対策は、2つしかない

①ストレス自体が溜まらない場所に身を置く
>今からすぐには少し難しい

②溜まったストレスをすぐに浄化する
>今からすぐにできる

 

「安眠まくら」と「ホットアイマスク」で睡眠の質を高め、日々のストレスを浄化することができる

★今すぐチェック★