【厳選】買ってよかったビジネス本リスト

職場・仕事における「能ある鷹は爪を隠す人」の特徴 & 性格【ぜんぶ本当】

実力が己の能力を隠すことを「能ある鷹は爪を隠す」と言います。

こういった能鷹現象は、学生で言えば中間試験・期末試験・実力試験などのテスト、社会人になった後は仕事における出世競争や恋愛、果ては副業・起業など、様々な場面に当てはまります。

知らない内に、同期がどんどん出世して、圧倒的な差をつけられた

知らない内に、社内と〇〇と△△が付き合っていて、気付いた時にはゴールイン

冴えない奴だと思っていた人が、副業で成功し、いつの間にか起業していた

 

まさに、お見事と言いたくなってしまいますが、本当の話です。こういったことはよくあります。

それは、どれもこれも能ある鷹が爪を隠すためです。

爪を隠しているので、水面下で刻々と進行し、気付いたときには大きく引き離されているのです。

また、実力を自ら明かさない鷹は、おいしいところを持っていきます。

こちらも実は、水面下での攻防がなされており、最終局面で能ある鷹に実力を発揮されて、いいところは全部鷹のものということがありますね。

では、いったい能ある鷹を見抜く術はないのでしょうか?

爪を隠す能ある鷹に共通する特徴・性格はないのでしょうか。

本記事では、爪を隠す能ある鷹に共通する特徴・性格を分析していくとともに、爪を隠す能ある鷹になるために必要な考え方や行動についてまとめます。

能ある鷹が爪を隠すとは?

 

 

似た言葉には、

能ある鷹が爪を隠す理由【自分を評価は他人が決めるから】

 

なぜ、能ある鷹が爪を隠すのかと言えば、自ら爪を見せていっても得をすることが少ないからです。

また、日本は、努力のアピールが評価される国ではない

能ある鷹が爪を隠すというより、能ある鷹は爪をひけらかさない

伝わらないことに固執しても意味がないということに気が付く

言っても伝わらないと気が付く

 

勉強においては、主に中学・高校時代、

英語では「Who knows most, speaks least (=一番知っている人は、一番話さない)」「Cats hide their claws (猫は爪を隠す)」「Still water runs deep (静かに流れる川は深い)」なんて言います。

勉強

反対語には「負け犬の遠吠え」

 

仕事・職場における能ある鷹は爪を隠す

勉強における

どんな人

井出立ちから、自然と視線が集まる

 

 

反対語は「能無し犬の高吠え」

部下の方が上司よりも仕事ができる場合

謙虚・謙遜

 

理由

性格

出世

 

具体例

リーダー

 

「知識がある」「仕事が速く正確」「仲間を増やせる」

この3つの要素

周囲からどう思われるかが大切

 

省エネか

 

根まわしタイプ

大人数がいる前で、自分の実力を鼓舞したり、自分を大きく見せようとはしないが、会社における決裁権者や重役に対して適切なアプローチをしているタイプ。

平社員の中で評価が高くてもあまり意味がないことを理解しており、評価されるべき人にアピールすることができるタイプ。

コスパタイプ

自己のプライベートの時間や精神的安定、ワークライフバランスなど、仕事以外にもバランスを求めるタイプ、あるいは「仕事は最低限の評価でよく、わるい評価を受けていなければ、出世などしなくても構わない」と考えるタイプ。

このタイプは、仕事において大きな成果をあげたり、自らの業務量が増えるような行動はとりません。

「仕事の報酬は、仕事」などとは決して考えず、成り上がりたい欲求もなしで、自らに課されたミッションを余裕をもってクリアするタイプです。

本当はもっと早く終わらせられる仕事も、能力が認められると仕事量が増えることが分かっているので、わざと遅くしたりします。

能ある鷹が爪を隠す本当の理由【ムダな仕事を増やしたくないから】

 

基本的には、仕事は「できる人間に集まる」傾向があり、総じて「たくさんの仕事を仕上げたからといって、2倍も3倍もお金がもらえるわけではない」のが通例でしょう。

これは、給与テーブルに上限のない会社であれば当てはまらないかもしれませんが、給与テーブルに基本的なルールがあり、毎年の定期昇給がある程度「決め打ち」でされている会社の場合、例外なく当てはまる原理です。

本当の理想は「会社の利益に貢献した分だけ、給与が変動する」というシステムの構築ですが、現実にはそうはならないのが難しいところです。

これには「勤続期間=組織への貢献」と

 

 

能ある鷹が爪を出すシチュエーション

行動すべきシチュエーション

社内評価に絡む、重役・上位社員が登場するタイミング

会社においては、より上位の人から高い評価を受けた方が社内での立ち位置は有利にはたらくため、重役・上位社員が登場するタイミングは逃がすわけにはいきません。

極端な話、平社員どうしで話をしていようがあまり意味がなく、決裁権や人事権をもった上位社員が話にすることで

 

上司との相性がよくないとき