【厳選】買ってよかったビジネス本リスト

【独学】行政書士試験 (商法) の勉強法・暗記攻略のコツ【対策】

本記事では、行政書士 (商法) の独学勉強法をまとめます。

 

テキスト

 

過去問

 

テキスト+過去問で、攻略する。

テキストを完ぺきになぞったとしても、問題として出てきた時に対応できないので、問題演習は必須です。(むしろ、こっちの方が重要)

「5回で大丈夫?」と思うかもしれませんが、行政書士試験は試験時間が3時間のため、5年分の過去問を解くのに3時間×5年=15時間+解説読み込むのに各4、5時間 (問題解くより、解説を理解する方が時間かかる) だとして、合計40時間はかかります。

それなりにボリューミーですね。

行政書士合格の勉強時間が400時間なので、1/ 10と考えればもう少し問題演習してもいいかもですが、記述対策もあるので。

(やること山積みですね。ただし、この3冊をマスターすれば、合格の確率は飛躍的に高まります。)

 

【独学】行政書士 (商法) の勉強法

商法は箸休め
20点300点(5問)なので、ボリュームとしては最重要ではないですね

民法は76点(5肢択一36点9問、記述40点2問)、行政法は112点(5肢択一19問76点、多肢選択16点2問、記述1問20点)
ただし5問全て落とすと結構きついので、時間がある時に箸休め的な感じで勉強をして得点していきたいところです。

民法行政法必須
商法→全て詳細に覚える必要はないか得点できるようにさらっていく

商法+会社法

メイン は会社法

 

 

 

商法総則

名板貸し

善意かつ無重過失

名板貸し人も名板借り人も連帯して弁済する責任

 

商業登記

代理商

商業使用人

支配人

表見支配人

 

商行為

場屋営業:客の来集を目的とする場所での営業

 

会社法

株式会社

合名会社

合資会社

合同会社

 

 

間接有限責任

 

 

剰余金の配当

 

会社法

間接有限責任
株主だからといって会社の債務を弁済する責任は負わない

資本金制度
資本準備金
1/2までの金額は資本金として計上しないことが認められる
1200万出資で集まって1000万資本金200万円資本準備金

発起設立募集設立

定款の作成、公証人による認証
出資の履行
設立時取締役等の選任
設立過程の調査
設立登記

定款の絶対的記載事項
目的
商号
本店の所在地
設立時に出資される財産の価額又はその最低額
発起人の氏名名称及び住所

発行可能株式総数

発起人の責任

株式
株式の譲渡
定款により株式譲渡の制限を設定可能

自己株式
出資単位の調整
単元株制度
単元未満株式には議決権を認めない制度

募集株式の発行公募株主割当第三者割当
新株予約権

会社の機関
株主総会取締役会代表取締役監査役

株主総会の招集
2週間前までに書面で通知
株主全員の同意があれば招集手続きを省略できる

株主総会決議
普通決議過半数
特別決議議決権の2/3以上

特別決議が必要な事項
定款の変更
会社の合併
事業の全部の譲渡、譲受け
会社の解散
株式併合
監査役の解任
資本金の減少

議決権
反対株主の株式買取請求
株主総会決議の瑕疵

取締役取締役会
公開会社→取締役会の設置は義務

特別取締役
代表取締役

監査役

組織再編
事業譲渡

合併
新設合併吸収合併

 

 

テキスト

 

過去問

 

テキスト+過去問で、攻略する。

テキストを完ぺきになぞったとしても、問題として出てきた時に対応できないので、問題演習は必須です。(むしろ、こっちの方が重要)

「5回で大丈夫?」と思うかもしれませんが、行政書士試験は試験時間が3時間のため、5年分の過去問を解くのに3時間×5年=15時間+解説読み込むのに各4、5時間 (問題解くより、解説を理解する方が時間かかる) だとして、合計40時間はかかります。

それなりにボリューミーですね。

行政書士合格の勉強時間が400時間なので、1/ 10と考えればもう少し問題演習してもいいかもですが、記述対策もあるので。

(やること山積みですね。ただし、この3冊をマスターすれば、合格の確率は飛躍的に高まります。)