【厳選】買ってよかったビジネス本リスト

【行政書士試験】憲法の勉強法 & 暗記攻略のコツ【対策】

 

本記事では、行政書士 (憲法) の勉強法をまとめます。

 

 

テキスト

 

過去問

 

テキスト+過去問で、攻略する。

テキストを完ぺきになぞったとしても、問題として出てきた時に対応できないので、問題演習は必須です。(むしろ、こっちの方が重要)

「5回で大丈夫?」と思うかもしれませんが、行政書士試験は試験時間が3時間のため、5年分の過去問を解くのに3時間×5年=15時間+解説読み込むのに各4、5時間 (問題解くより、解説を理解する方が時間かかる) だとして、合計40時間はかかります。

それなりにボリューミーですね。

行政書士合格の勉強時間が400時間なので、1/ 10と考えればもう少し問題演習してもいいかもですが、記述対策もあるので。

(やること山積みですね。ただし、この3冊をマスターすれば、合格の確率は飛躍的に高まります。)

 

【独学】行政書士 (憲法) に一発合格するための勉強法

★中学で、条文そのまま暗記させられたのがなつかしい。

行政書士試験にトライする場合においても、憲法の条文は条数と内容を暗記するのが望ましい。

 

 

憲法:人権+統治

憲法=国民の権利や自由を保障するため、国家権力を制限することを内容としたルール。国民に保障された人権が公権力から規制を受ける場合、その規制が許されるか。最高裁判所の判例重視。国民の権利や自由の保障のために作られたルール「自由の基礎法」であり、国家権力を制限するルール「制限規範」

大法廷:最高裁15人全員
小法廷:最高裁の裁判官のうち5人

判決:正式な形式による判断結果
決定:簡易な形式による判断結果

憲法の三大原理:人権尊重、国民主権、平和主義 (戦争の放棄)

統治:国家権力である国会・内閣・裁判所がどんな仕事をするのか学ぶ。憲法41条~96条を中心に条文知識

 

マクリーン事件:在留外国人の政治活動と在留許可更新

出国の自由〇、入国の自由×、再入国の自由× (森川キャサリン事件)

指紋押印拒否訴訟:みだりに指紋の押韻を強制されない自由

塩見訴訟:自国民を在留外国人より優先的に扱うことも許される

外国人職員昇任試験拒否訴訟:外国人が公権力の行使に当たる行員を行うことなどを職務とする地方公務員に就任することは、日本の法体系の想定するところではない

 

北九州税理士会政治献金事件:政党への政治献金は目的の範囲外の行為

八幡製鉄事件:株式会社は政治的行為の自由を有し、政治資金の寄付もその一環

群馬司法書士会事件:阪神淡路大震災により被災した兵庫県司法書士会に復興支援拠出金を寄付することは目的の範囲内の行為

 

■公務員の人権

猿払事件

堀越事件:公務員は政治的に中立であるべき。政治的中立性を損なうおそれのある政治的行為を禁止することは違憲ではない

■在監者の人権

よど号ハイジャック新聞記事抹消事件:在監者にも人権保障は及ぶが、罪証隠滅や逃亡の防止、監獄内の秩序の維持の観点から、一般国民とは異なる制約がされることがある

 

 

三菱樹脂事件:憲法の私人間適用 (間接適用説)

京都府学連事件:肖像権は憲法13条で保障されるが無制限ではない

嫡出子・非嫡出子相続分差別違憲決定

エホバの証人輸血拒否事件:輸血拒否は人格権として認められる

博多駅事件:報道の自由は憲法21条で保障、取材の自由は21条の精神に照らし十分尊重されるべき (保障まではされない)

税関検査事件:憲法21条2項検閲の禁止、税関検査は検閲にあたらない

薬局距離制限事件:憲法22条1項職業選択の自由、距離制限は憲法違反

朝日訴訟:憲法25条1項健康で文化的な最低限度の生活、具体的な権利を保障しておらず生活保護法で保障+具体的な内容は厚生大臣 (当時) の裁量に委ねられる

旭川学テ事件:教育内容の決定権は国民 (教師、親) 側・国家側両方にある、教師には一定の範囲で教授の自由がある

 

 

品位を辱める行状:裁判官に対する国民の信頼を損ね、又は裁判の公正を疑わせるような言動

 

日産自動車事件
憲法の私人間効力通常は国と国民
就業規則上女子の定年が男子より低い
→民法90条不法行為により無効
ただし民法違反
憲法を直接適用して違憲というわけではない

憲法は私人間に直接適用されない

幸福追求権
ノンフィクション逆転事件
前科等に関わる事実を公表されないことについて法的保護に値する利益を有する
江沢民講演会事件

法の下の平等相対的平等

生後認知児童国籍確認事件
議員定数不均衡訴訟
違憲だが選挙自体は無効としない

19条思想良心の自由
謝罪広告事件
事態の真相を告白し陳謝の意を表明するにとどまり、思想良心の自由を侵害するものではない

20条信教の自由

宗教法人解散命令事件
宗教法人法に基づく解散命令は、宗教的側面に横から口を挟むものではない

政教分離原則
津地鎮祭事件
政教分離原則は国家が宗教と関わり合いを持つことを全く許さないとするものではなく行為の目的と効果に鑑みその関わり合いが相当とされる限度を超える場合にこれを許さないものとする

愛媛県玉串料訴訟

21条表現の自由
レペタ法廷メモ採取事件
厳格な基準

立川反戦ビラ配布事件
表現の自由の保証には一定の制約がある

県立北方ジャーナル事件
例外的に事前差し止めが許される
内容が事実でなく専ら公益を図る目的のものでない被害者が重大にして著しく回復困難な損害をこうむる場合

22条職業選択の自由
小売市場事件
23条学問の自由
29条財産権

人身の自由

31条適正手続

令状、現行犯は例外
39条遡及処罰の禁止一事不再理二重処罰の禁止

受益権16条請願権17条国家賠償請求権32条裁判を受ける権利40条刑事補償請求権

参政権15条

社会権25条生存権
すべて国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する

28条労働基本権
労働組合の統制権
三井美唄炭鉱労組事件
説得勧告は OK、処分は NG

公務員の地位の特殊性 と職務の公共性から必要やむを得ない限度の制限を加えることは十分合理的な理由がある
全農林警職法事件

国会内閣裁判所天皇財政憲法改正

 

 

 

テキスト

 

過去問

 

テキスト+過去問で、攻略する。

テキストを完ぺきになぞったとしても、問題として出てきた時に対応できないので、問題演習は必須です。(むしろ、こっちの方が重要)

「5回で大丈夫?」と思うかもしれませんが、行政書士試験は試験時間が3時間のため、5年分の過去問を解くのに3時間×5年=15時間+解説読み込むのに各4、5時間 (問題解くより、解説を理解する方が時間かかる) だとして、合計40時間はかかります。

それなりにボリューミーですね。

行政書士合格の勉強時間が400時間なので、1/ 10と考えればもう少し問題演習してもいいかもですが、記述対策もあるので。

(やること山積みですね。ただし、この3冊をマスターすれば、合格の確率は飛躍的に高まります。)