【厳選】買ってよかったビジネス本リスト

【ぼっちの楽しみ方】最高のぼっちライフを満喫する方法【体験談】

ぼっちの楽しみ方が知りたい!

という方に向けて、書きました。

「ぼっちがツラい、ぼっちが寂しい」と思う人もいれば「ぼっちが楽しい、ぼっちは最高」と思う人もいます。

どうせぼっちなら、ぼっちを楽しいと思える人間になりたいですよね。

ただ、ぼっちを楽しむためには、ちょっとした訓練が必要です。

今回は、最高のぼっちライフを満喫するための極意についてお伝えします。

【スタートライン】ぼっちであることを受け入れる

ぼっちを楽しむためには何よりもまず「ぼっちであることを受け入れる」必要があります。

ぼっちであることを受け入れてはじめて、ぼっちライフを楽しむためのスタートラインに立つことができます。

とはいっても、これが中々できません。ぼっちを受け入れる、簡単なようで中々できることではありません。

誰しも「ひとりぼっち」はいやだと思うのが当たり前なので、当然のことです。

ただ、ぼっちであることを受け入れると、ガラッと世界が変わります。

ぼっちは、なるべくしてなる

いま現在「ぼっちが嫌だな」と思っていても、ぼっちである時点でぼっち耐性があります。

ぼっちが嫌な人はとことん孤独に耐えられないので、ぼっちになりようがないです。

ぼっちが楽しい人の特徴

ぼっちが楽しい人に共通するのは、以下です。

【1】自分の好きなことがある

【2】孤独と友達になれる

ぼっちが楽しい人【1】自分の好きなことがある

僕自身、端からみたら「典型的ぼっち」以外の何者でもありませんが、ぼっちであることによって自分の好きなことが好き放題できているので、ぼっちに不満はありません。

むしろ、友達がたくさんいたら「付き合い」が増えてしまって、好きなことをやってばかりもいられなくなってしまいます。

ぼっちが楽しい人【2】孤独と友達になれる

ぼっちを謳歌するために超えなくてはならない壁が、まさに「孤独と友達になること」です。

孤独と友達になれないようでは、最高のぼっちライフを満喫することはできません。

ぼっちが楽しくない人の特徴

一方「ぼっちがツラい」と思っていたり「ぼっちが寂しい」と思う人の特徴は、以下です。

●人付き合いがめんどうくさいというだけで、人との交流を避けている

●自分の気持ちはわかってほしいけど、人の気持ちを察するのは苦手

要は「積極的理由でぼっちになっているか、消極的理由でぼっちになっているか」のちがいなのですが、このちがいは大きいです。

「自分の時間を作りたいから、ぼっち」「好きなことに集中したいから、ぼっち」という人は、ぼっちになるのに理由があります。

一方「人付き合いがめんどくさいから、ぼっち」「かまってほしい、かまいたくはない」という人は、気付いたらぼっちということがあります。

望んでぼっちになっているわけではないというのが厄介です。

ぼっちの楽しみ方

好きなことにとことん打ち込む

好きなことにどこまでも夢中になれるのは、ぼっちの特権。

人付き合いを気にしている人には、できないことです。(人間関係にとられる時間って、けっこう多いんです。)

自己鍛錬

自己鍛錬は、人生をラクにします。

ぼっちでいる時間をすべて自己鍛錬につかったら、人生はめちゃめちゃイージーゲームになります。

(僕もぼっちライフを絶賛謳歌していますが、人生は少しずつイージーになりつつあります。)

【まとめ】

ぼっちライフを楽しむも、楽しまないも自分次第です。

ぼっちライフを満喫してください。

[aside]

関連記事:【ぼっち大学生】は最強だということを知ってほしい【体験談】

[/aside]