【厳選】買ってよかったビジネス本リスト

【全額公開】レオパレスの電気・ガス・水道代って、いくら?【光熱費】

【提案】
電力会社は「ループでんき」に切り替えよう!



ループでんきは「基本料金が無料」の数少ない電力サービスです。

 

※ 通常、電気の契約は「基本料金+従量料金」で、ダブルでお金を取られる
>この「基本料金」が高く (1000円前後)、極端にいえば、まったく使わなくても1000円近く取られる
>ループでんきなら、従量料金のみなので、大幅な節約になる (使った分だけ払う)

 

電力自由化により、東京電力と契約する時代ではありません!
(東京電力に高い電気代を払っている人は、今すぐ切り替えるべし)

 

 

※ 電気チョイスを利用することで、最大3万円のキャッシュバックが受け取れます

必要情報を記入すると、後日TELにて案内が来るので「ループでんき」に切り替えたい旨をお伝えください。(別の電力会社も何社か紹介あるかもしれませんが、条件合うようならそちらでも可)

 

※ 電話とか面倒な方は「ループでんきHP」より直接お申込みください。

 

【比較】

電気チョイス経由 → 販売員の指示に従って切り替え完了すれば、キャッシュバックあり

ループでんきHPから直接 → 販売員との電話のやり取りなしで、ネット上でカンタン

本記事は、

レオパレスに住むことになったけど、光熱費がどれくらいかかるのかが気になる、、

という方に向けて書きました。

一人暮らしにおいては、事前に生活費の計画を立てておくことが大切です。

何にいくらかかって、どれくらいのお金が必要になるのか。

とくに、家賃・光熱費は毎月発生する固定費として、正しく計算しておく必要があるので、重要性は高いです。

それでは、レオパレスの電気・ガス・水道代 (光熱費) をまとめます。

※ ちなみに、私が住んでいたのは千葉県・船橋市の物件です。

3階建てで部屋は15部屋ほど。部屋の間取りは、ワンルーム・ロフト付きの一般的なレオパレスモデルですので、もし東京以外の環境圏でレオパレスの物件を検討中の方いれば、ほぼほぼ条件は変わらないかと思います。

レオパレスの電気代

2017年8月から2019年3月までの、レオパレス物件の電気代をまとめます。

※ 一部、検針票の結果を紛失し、データ不明の部分があります。

2017年8月 → 不明(データなし)

2017年9月 → 2151円(68kWh)

2017年10月 → 2342円(78kWh)

2017年11月 → 2515円(121kWh)

2017年12月 → 5427円(210kWh)

2018年1月 → 6646円(257kWh)

2018年2月 → 8731円(334kWh)

2018年3月 → 4426円(169kWh)

2018年4月 → 2724円(96kWh)

2018年5月 → 2612円(88kWh)

2018年6月 → 2221円(68kWh)

2018年7月 → 2427円(78kWh)

2018年8月 → 2826円(97kWh)

2018年9月 → 2415円(76kWh)

2018年10月 → 2355円(72kWh)

2018年11月 → 2554円(80kWh)

2018年12月 → 2837円(93kWh)

2019年1月 → 不明(データなし)

2019年2月 → 不明(データなし)

2019年3月 → 不明(データなし)

※契約は30A・従量電灯B

電気会社は「東京電力」で「従量電灯B・30A」なので、基本料金が842円でした。

【電気代の平均値】3450.5円 (55209円 ÷ 16か月分)

【一般的な話】電気代の内訳

電気代は、以下の3つの料金を合算した金額になります。

●基本料金 = 使った電気料に関係なく請求

●従量料金 = 使った電気料に応じて請求

●再エネ発電賦課金 = 使った電気料に応じて請求

再エネ発電賦課金とは、太陽光・風力・水力・地熱・バイオマスなどの「再生可能エネルギー」によって発電した電気を電気事業者が購入し、電気利用者全員で負担するお金です。

2012年7月に施行された「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」によって義務付けられた制度です。

「電力使用量(kWh)×再エネ賦課金単価2.64円=再エネ賦課金」という計算式でもとめられます。

電気代に含まれるモノ

●テレビを見るための電気

●洗濯機を回すための電気

●冷蔵庫を冷やすための電気

●電子レンジを回すための電気

●電気ケトルで湯をわかすための電気

●炊飯器でお米を炊くための電気

●照明で光を灯すための電気

●コンロで料理をするための電気

夏場・冬場は、電気代がかさむ

どこの物件にもいえることですが、夏場はクーラー・冬場は暖房をつかうことが多くなるので電気代がかさみます。

とくに、レオパレスの物件はロフト付なので、部屋の体積が大きくなり、冷たい空気・温かい空気がいきわたるまでに時間がかかります。

冷暖房のつけっぱなしに注意

夜、電気をつけっぱなしにして寝てしまったとしても、たいしたことはありませんが、冷暖房のつけっぱなしは大損害です。

上記の表で、2017年12月~2018年3月の電気料金がかさんでいるのは、

暖房のつけっぱなしをしてしまった日が多かったからです。

(月に3回~5回くらいで、この値段になります。)

なお、電気はつけて寝る主義なので、365日つけっぱでした。

電気のつけっぱなら、毎日しても電気代は3000円以内におさえられます。

逆に、2018年12月~2019年3月の電気料金がおさえられているのは、暖房のつけっぱなしを意識的にしないようにしたからです。

【ロフト】冷房は冷えづらく、暖房は温まりやすい

ロフトがあることの弊害ですが、レオパレスの物件では冷房の利用効率がわるいです。逆に、暖房とは相性がいいです。

●冷たい空気 = 下にいきやすい(リビングと相性よし)

●温かい空気 = 上にいきやすい(ロフトと相性よし)

なので、夏場はリビングで、冬場はロフトで寝ると快適です。

レオパレスのガス代

2017年8月から2019年3月までの、ガス代をまとめます。

※ 一部、検針票の結果を紛失し、データ不明の部分があります。

2017年8月 →不明(データなし)

2017年9月 → 不明(データなし)

2017年10月 → 不明(データなし)

2017年11月 → 不明(データなし)

2017年12月 → 3061円(2.3m3)

2018年1月 → 3732円(3.6m3)

2018年2月 → 3434円(3.0m3)

2018年3月 → 2937円(2.0m3)

2018年4月 → 3484円(3.1m3)

2018年5月 → 3533円(3.2m3)

2018年6月 → 2987円(2.1m3)

2018年7月 → 2589円(1.3m3)

2018年8月 → 2391円(0.9m3)

2018年9月 → 2291円(0.7m3)

2018年10月 → 2490円(1.1m3)

2018年11月 → 2887円(1.9m3)

2018年12月 → 2987円(2.1m3)

2019年1月 → 4378円(4.9m3)

2019年2月 → 不明(データなし)

2019年3月 → 3013円(2.2m3)

【ガス代の平均値】3079.6円 (46194円 ÷ 15か月分)

【一般的な話】ガス代の内訳

ガス基本料金 = 使った量に関係なく払う

ガス従量料金 = 使った分だけ払う

賃貸の場合は、その地域のプロパンガス会社を指定されるのが一般的です。(電気みたく、自分で選べない)

その物件が都市ガスを使っているなら、自分でガス会社を選べるんですけど、まだまだプロパンのところが多数です。

私の住んでいたところ (千葉県・船橋市) では「シャイニングサービス」というガス会社を指定されました。

●基本料金 = 1800円(税込み1944円)

●従量料金 = 500円 / ㎥

物件のガス会社がわかれば、ホームページから基本料金・従量料金がわかります。

電気代とはちがって「再エネ発電賦課金」みたいなモノはありません。

ガス代に含まれるもの

●シャワー・お風呂を温めるガス代

ガス代はおおかた「シャワー代・お風呂代」と考えればOKです。

水道の水をあたためるためにガスが使われます。

月のどこかで検針される

月次で検針され、その数値をもとに料金が決定されます。

冬場は料金がかさみやすい

夏場に比べて冬場は、外がさむいので、シャワーを浴びる時間もついつい長くなってしまいがちです。

なので、冬場のシャワーの使いすぎには要注意。

シャワーを長く浴びるのは「外がさむい。もう少しだけ、、」という逃げでしかないので、それによって時間もお金もムダにしてしまうのはもったいないですね。

レオパレスの水道代

見てわかるとおり、レオパレスの水道代はタダです。

2017年8月 → 0円

2017年9月 → 0円

2017年10月 → 0円

2017年11月 → 0円

2017年12月 → 0円

2018年1月 → 0円

2018年2月 → 0円

2018年3月 → 0円

2018年4月 → 0円

2018年5月 → 0円

2018年6月 → 0円

2018年7月 → 0円

2018年8月 → 0円

2018年9月 → 0円

2018年10月 → 0円

2018年11月 → 0円

2018年12月 → 0円

2019年1月 → 0円

2019年2月 → 0円

2019年3月 → 0円

水道代は、月々2000円ほどですので、ここが無料になるのは実質家賃が2000円OFFになっているようなものなので、とてもありがたかったです。

【補足】レオパレスのネット代

レオパレスでは「LEONET」という独自のネットが、月額3000円で利用可能です。

LEONETの通信速度

レオパレスはインターネットが遅い」という評判がたちますが、そんなに遅いとは思いませんでした。

ただ、注意しなくてはならないのは、周期的に遅くなる期間があるということ。

【まとめ】

●レオパレスの電気代→3000円前後

【電気代の平均値】3450.5円 (55209円 ÷ 16か月分)

 

●レオパレスのガス代→3000円~4000円

【ガス代の平均値】3079.6円 (46194円 ÷ 15か月分)

 

●レオパレスの水道代→0円 (無料)

 

●レオパレスのネット代→LEONETを使って、3000円程度

結論、光熱費+ネット代で、トータル1万円前後で見積もっておけばいいでしょう。

【提案】
電力会社は「ループでんき」に切り替えよう!



ループでんきは「基本料金が無料」の数少ない電力サービスです。

 

※ 通常、電気の契約は「基本料金+従量料金」で、ダブルでお金を取られる
>この「基本料金」が高く (1000円前後)、極端にいえば、まったく使わなくても1000円近く取られる
>ループでんきなら、従量料金のみなので、大幅な節約になる (使った分だけ払う)

 

電力自由化により、東京電力と契約する時代ではありません!
(東京電力に高い電気代を払っている人は、今すぐ切り替えるべし)

 

 

※ 電気チョイスを利用することで、最大3万円のキャッシュバックが受け取れます

必要情報を記入すると、後日TELにて案内が来るので「ループでんき」に切り替えたい旨をお伝えください。(別の電力会社も何社か紹介あるかもしれませんが、条件合うようならそちらでも可)

 

※ 電話とか面倒な方は「ループでんきHP」より直接お申込みください。

 

【比較】

電気チョイス経由 → 販売員の指示に従って切り替え完了すれば、キャッシュバックあり

ループでんきHPから直接 → 販売員との電話のやり取りなしで、ネット上でカンタン