【厳選】買ってよかったビジネス本リスト

【疑問】まとめノートは、無駄なのか?【作り方】

まとめノートは、ムダなの?

という議論をお持ちの方に向けて、書きました。

結論からいうと、まとめノートはムダとも言えるし、ムダじゃないとも言えます。

今回は、ムダなまとめノートとムダじゃないまとめノートの違いについてお伝えします。

ムダなまとめノート = 作ることに盲信

まとめノートには「無駄なまとめノート」と「無駄じゃないまとめノート」にわかれます。

その差異をわけるのは「作ることに妄信するか、成績を上げることに妄信するか」です。

蛍光ペンで、大事なところをなぞる

【注意】やらないよりは、やったほうがマシ

ただ、それをやることに盲信してしまうとよくないのはたしか。

入口がまとめノートというのは、わりかしアリで「まとめる楽しさ→成績をあげる楽しさ」に変えていけたら、いいですね。

ムダじゃないまとめノート = 覚えることを盲信

ゴールを明確にすること

「目的と手段の議論」はさまざまなところでされますが、まとめノートも同じ。

まとめノートは「覚えるため、成績をあげるための手段の一つ」であって、目的ではありません。

まとめノートは、手段の一つ

なにも考えず、ただやるだけっていうのが一番ラクですから。

まじめな人ほど、損をする

教科書にマーカーを引くだけ

教師の板書をノートに写すだけ

参考書にカラフルなふせんを貼っていくだけ

まじめな人ほど「言われたことを無思考でやること」にたけていますから、損をします。

キレイなノートは「いいノート」ですが、必ずしも「成績が上がるノート」とは限りません。

成績がいい人ほど、ノートに書きなぐったりもします。

【】自分のスタイルを確立すること

とはいえ、勉強は「基本をおさえつつ、自分流をきわめる」のが大事ですから、まとめノートでも自分にとって最適を目指せばいいと思います。

参考になる本

下記の本が参考になるかもしれません。

ノート術の本は東大ばかりなのは置いておいて、他人のノートを見てみると「自分流のノート」が見えてくるかもしれません。