【厳選】買ってよかったビジネス本リスト

【疑問】教科書にマーカーを引くは、無駄なのか?【引き方】

教科書にマーカーを引くのは、ムダ?

という疑問をお持ちの方に向けて、書きました。

結論から申し上げると、教科書にマーカーを引くのは「ムダにもなりえるし、ムダじゃなくもなる」です。

今回は、ムダなマーカー作業とムダじゃないマーカー作業の違いをお伝えします。

無駄なマーカーの引き方 = とりあえず引く

なにごとにもいえることですが、無思考でやるのはよくありません。

文章読まずにマーカーだけ引くは、最悪。

 

【注意】やらないより、やった方がいいに決まってる

とはいっても「何もやらないよりは、やった方がいい」のは言うまでもありません。

●勉強のアクセルを踏むために、はじめはマーカーからスタート

●ゴリゴリ問題を解く気がなくなったら、教科書読みながらマーカー引く

「勉強した気分になりたいから、とりあえずマーカーを引いてみる」のは、よくないかもですが「マーカー引くのが自分に合ってるかもしれないから、やってみる」のは大事です。

考えてばかりで、何もやらずにいることが一番よくないです。

いろいろ工夫してみるといいですね。

勉強法の一つとして、ぜんぜんアリ。

ただ「勉強した気にだけなって、まったく勉強できてない」は、愚の骨頂なので要注意。

「勉強した気」といかに向き合うか

マーカー作業によって「勉強した気」になれるのは、言うまでもありません。

この「勉強した気と、いかに向き合っていくか」が大切です。

勉強した気をうまく利用できるポイントは、以下です。

●勉強のモチベーションが低いから、アクセルにする

●めちゃめちゃ暗記した後のクールダウン

【勉強】1年で偏差値74まで伸ばした方法【体験談】という記事でもお伝えしましたが、偏差値を上げるためには「絶対的な勉強量」が必要になりますから、いかに勉強しつづけるかが肝。

効果的なマーカーの引き方

単純なマーカー作業ですが「考えながら引く」ようにすると、勉強ははかどるは、記憶に定着しやすいはでいいことしかありません。

マーカーは、いわば「教科書 & 参考書を読むときの目印」みたいなものです。

参考になる本

下記の本が参考になるかもしれません。

勉強法はいろいろと持っていた方がいいのは、間違いないですね。