【厳選】買ってよかったビジネス本リスト

【ストレス】長い通勤時間がムダでしかない理由【理想は30分】

通勤時間は、ムダです。

ハッキリと断言できます。

今回は、通勤時間がムダでしかない理由をお伝えします。

【結論】通勤時間は、ムダでしかない

通勤時間 = 無給の労働時間

遠方からはるばる通勤するのは、無給の労働をしているようなモノです。

会社に出社するために通勤しているわけですから「通勤時間にも金を払え」と思います。

電車の中で集中できるわけがない

通勤の時間で読書をしたり、考えごとをしたり、朝のコンディションを整える(目を覚ます)人もいるでしょう。

ただ、意味がある通勤時間は、せいぜい30分。それ以上の通勤時間は、もはや意味を失います。

● 通勤電車で読書→集中できるのは、せいぜい30分

● 通勤電車で考えごと→30分も考えれば、答えはでる

● 通勤電車で仮眠→30分以上の仮眠は、むしろ逆効果

● 通勤電車で目を覚ます(朝)→30分も立っていれば、目は覚める

もし通勤に2時間を要しているなら、給料を時給換算してその1時間半分は損をしているといえます。

片道2時間なら、往復で3時間はムダにしています。

新卒でも給料を時給換算すれば、時給1200円くらいはもらえますから、これは機会の損失です。

家賃や光熱費のような固定費と同じで、毎日の通勤・通学も慣れてしまえば気にならなくなるのがこわいところです。

ながら◯◯は、生産性を下げます

もしかりに、電車の中で長時間の読書ができたり、資格の勉強ができる人であったとしても、家にいたほうが集中できるのは、まちがいないことです。

ながら勉強、ながら読書は、生産性を下げます。

通勤電車には、イライラの原因がいっぱい

夕方の帰りの電車ならまだ許せますが、朝の通勤電車はストレス以外の何物でもありません。

● 密閉され、空気がこもりまくってる

● パーソナルスペースが侵害される

● 押し合い、へし合いの嵐

お金を払ってでも、ストレスを感じないように努めないと、始業時間前にだいぶ消耗することになります。

「もっと遠い人がいる」は、お門違い

一人暮らし反対派の意見としてよくあるのが「もっと遠くから来ている人もいるのだから、これくらいたいしたことな」という意見がありますが、無視してOKです。

日本人特有かもしれませんが「もっとツラい人がいるんだから、我慢すればなんとかなる」理論は、無意味です。

それを言うなら「もっとラクしてる人がいるんだから、ラクすべき」でしょ?

職場に近くて、安い物件の探し方

物件は、SUUMOで探すのが効率がいいです。

なぜなら、検索カテゴリーが多く、要望にあった物件をヒットさせることができるから。

suumoなら初期費用が無料+家賃激安の物件が見つけやすい。